保険会社から納得いく治療費を支払ってもらいた場合はどうすればいいのか?

交通事故というのは全くの無傷で終わることが少なく、大小にかかわらず怪我をしてしまうことがほとんどです。

交通事故で怪我をしてしまった場合には当然ながら治療を行っていくため、病院に通わなくてはならないのですが、ここで必要になる治療費をしっかりと払ってもらえないといったトラブルがたくさんあります。

自分が被害者になってしまった場合、先方の保険会社から通院費などを支払ってもらうことになるのですが、支払われる損害金に関しての期間が定められていたり治療内容が限定されていたりすることがあります。

むち打ちでは3~4ヶ月で治療費の打ち切りを宣告される場合が多い

特に多いのは、むち打ちによるものになるのですが事故にあってむち打ちになってしまい、三ヶ月から四ヶ月など長期的に病院に通っているとある程度のタイミングを見計らい、先方の保険会社から治療の打ち切りを言い渡されてしまうことがあります。

また病院側でも、症状固定として診断が行われてしまうため、ここで特に後遺症認定などが行われず単純に症状固定と言われてしまえば、これ以上病院に通ってもその部分についての保証が受けられなくなってしまいます。

症状固定に関してはドクターによる診断が非常に大きな存在となってくるのですが、それだけではなく、治療の打ち切りに関しては保険会社が決定する事項となっていますので納得がいかないようであれば、とことん話し合いをしていくと良いでしょう。

また保険会社が間に入っておらず、万が一先方が任意保険に加入していなかったといった場合には直接ここで必要になった費用を請求していくことになりますが、この場合には、最低限の保障として自賠責保険からの保証金額を受け取ることになります。

納得いく治療費を補償してもらうためには弁護士に依頼して戦ってもらう

それ以上に必要となる費用に関しては何らかの理由をつけて加害者は支払ってくれないことがほとんどですので、しっかり保証を受けるためには、例え裁判になったとしても納得のいく状況になるまで戦っていかなくてはなりません。

もちろん自分の力だけではなく弁護士の力を借りて裁判を起こしていくことになるのですが、あまりにも加害者側が知らん顔をして誠意を見せず病院にかかっていた費用も支払ってくれないなどといった場合には、裁判になるのも仕方がないといえるでしょう。

交通事故での治療というのは健康保険が適用されませんので実費で病院に通うには経済的な負担が大きすぎてしまいます。

また加害者側としてこのような部分への保証はしっかり行っていかなくてはなりませんから、万が一自賠責保険のみだけでの保証では足りなかった場合には十分な話し合いを行い、治療に必要だった費用はしっかり保証してもらうように考えていきましょう。

全くの無職でない限り、お給料をもらっているわけですから、様々な理由をつけたところで支払い義務というのが生じています。

自分が加害者になってしまった場合であってもこうした部分を覚えておけば、先方に対して誠意的な行動が取れるのではないでしょうか。