交通事故で加害者側の保険会社はだいたい不誠実な対応をとってくる

知人や友人などが保険会社に勤めており、こうした方からの紹介で、自動車の任意保険に加入した場合であれば、万が一ご自分が事故に巻き込まれてしまったという場合にも非常に協力的な対応を求めることができます。

保険会社は被害者に不誠実な対応をとってくる場合がほとんど

しかし原則として保険会社の担当者というのは例えば治療の打ち切りなどに関しても被害者の意見そのものより会社側で出来るだけ支払う金額を少なくするため、早い段階で言い出してくることがほとんどです。
このような部分というのはどこのに保険会社でも同じだと言えるのですが、さらには担当者によって非常に非協力的だと思えるような対応をしてくることがあります。
例えば、話したい事があって電話をかけても折り返しの電話があるのは必ずといって良いほど、次の日以降になってしまうといった場合や、これまで出ていた症状とは違った症状が出てきてしまったため病院に行きたいけれど改めて診断書を貰って来なければならないのかといった疑問を持った場合に、何度電話をしても出てくれないなどといったケースの場合には非協力的だといえるでしょう。

また、ある程度治療が進んでいくと、上記したように治療の打ち切りや症状固定を言い出してくることもあるのですが、このような状況の中、被害者の気持ちは一切聞き入れてくれずとにかく早い段階で治療の打ち切りを勧めてくるような担当者であれば、やはりここでも非協力的だと判断することができますので保険会社の営業所に電話をかけて担当者を変えてもらうことや、それでも対応してもらうことができなければ本社に電話をかけるといった方法があります。
ただこのような方法で改善されれば良いですが保険会社全体でこのような方向性を持っている場合には、どんなに会社が本社に電話をかけたところで変わるような可能性は少ないといえます。

保険会社の対応に納得いかない場合は弁護士に相談

そのため、どうしても担当者が非協力的で、自分の思っていることを聞き入れてくれないため困ってしまうという場合には、弁護士に依頼して保険会社がしっかりと自分の味方をしてくれるように話をしていくようにしましょう。
特に自分が被害者になってしまい加害者側の保険会社と話をする際には、このように非協力的な担当者が出てくる場合もありますので、そういったときには自分だけの話を進めていくのではなく、弁護士とともに保証内容についての交渉を重ねていくのがおすすめの方法と言えます。
自分が加害者になってしまった場合であっても過失割合をできるだけ少なく考えてくれるような担当者であれば、良心的であり協力的だと判断することができるでしょう。

わからないことに関しても、その都度丁寧に教えてくれるような担当者は非常に安心して事故の対応を任せることができます。