交通事故における損害賠償の時効消滅までの期間とは?

交通事故に遭ってしまった場合には様々な保証を受けることができるのですが、このような保証についての請求はいつまでできるのか等ご存じない人もいるようです。

交通事故の損害賠償の時効は最長で20年

原則として交通事故による賠償についての請求というのは交通事故が起きてから、または加害者をしっかり認識してから3年となっているのですが、ひき逃げなどによって、加害者をしっかり特定できなかったという場合には20年間の時効があります。
この時効の中であれば必要な損害を請求することが可能になっているのですが、保険会社を通じて先方と交渉を行っているなどといった場合であっても、案外3年間というのはすぐに経過してしまうものですから、あまりにも話がまとまらず、双方の意見に食い違いがある場合には比較的早い段階で裁判へと持ち込まれることもあります。

ある程度の期間であれば保険会社が交渉に応じてくれるのですが、それ以上の期間になってくると被害者側としても交渉を重ねた結果、時効を迎えてしまい保証が受けられなくなってしまうためタイミングを見計らいながら裁判に切り替えていく必要が出てきます。
裁判をする際には自分だけではなく弁護士の力を必要とすることがほとんどになりますが、ここで弁護士さんが保険会社や加害者ご本人に対して連絡をしていくことにより裁判まで発展せず話がまとまってしまうようなこともあるようです。

保険会社との示談は冷静になりながら時効を意識して進める

ただこのように、それぞれの損害請求について時効があることを知らず、保険会社といつまでも揉めてしまうようであれば、やはりいつの間にか時効を迎えてしまい、最終的にはなんの保証も受けられなくなってしまうようなケースもありますから、例え示談の話が長引いてしまうことになっても常に冷静さを保ちながら話を聞くようにしましょう。
感情的になっていると、もうすぐ時効を迎えてしまうことなども忘れてしまい感情任せに先方からの連絡に対し、電話に出ることがなかったり、しばらくの間話をするのが嫌になってしまうこともあるでしょう。
しかしこの間に時効を迎えてしまえば、前述のとおり保証を受けることができなくなってしまいますので、原則としては3年間と言う期間を意識しながら話し合いを進めていかなくてはなりません。

反対に考えればこの3年間の中であれば何度でも先方との話し合いを重ねていくことが可能になっていますので、できるだけ納得できるような結論になるように諦めず、話し合いを続けていくようにしましょう。
それでも埒があかず時効を迎えてしまうような懸念があれば、ここで初めて弁護士に相談をしてみるというのも一つの方法です。
まず、ある程度の段階までは先方と自分自身がしっかりとした交渉を重ねてみるようにしましょう。